リトリーブサイコセラピー応用6期が修了しました!(^^)!

こんにちは。

リトリーブサイコセラピーという心理療法を使って心に安心感を育み、日常生活における様々な人間関係のお悩み・子供や家族のお悩み・あなた自身の心のお悩みを解決します。
千葉県成田市の心理セラピストくぼきじゅんこです。

 

 

 

週末、昨年10月からスタートしたリトリーブサイコセラピー応用実践コース6期が最終日を迎えました!

 

 

応用実践コースの最終日は心理セラピーセッションの実技試験があるのですが

試験って言うと緊張して怖くなってしまうとのことで

受講生さんの提案で成果発表会という名にしよう!!

 

という事で最終日は成果発表会が行われました!(^^)!

 

まずは円陣組んでエイエイオー!!

 

 

成果発表会と名前は変わっても実際にやることは試験と同じです。

『試験は緊張して怖い』と言う仲間を思いやる気持ちから出た提案!

そんなところにも仲間を応援する気持ちが表れ、一致団結した円陣組む受講生の姿に

私は感動して朝から泣きそうでした―(´;ω;`)ウゥゥ

 

リトリーブサイコセラピーの応用実践コースはセッションの基本技術を学ぶコースで

受講生同士での練習も沢山行います。

特にこの応用6期のみんなは練習熱心でものすごい練習量だったと思います。

 

 

私自身もそうでしたがリトリーブサイコセラピーの講座に来た頃は

人が怖い

人が信用できない

失敗が怖い

人とつながれない

生きてることが辛い

 

こう悩み

人と本音で関わることを避け、

人に助けを求めることを避け

自分の為の人生を生きる事を諦め

自分を偽り孤独を感じながらもこれ以上傷つかないように

嫌な感情を感じる事を避ける生き方をしてきた受講生がほとんどです。

 

 

その原因の多くは幼少期の家族の中で

自分の意志や欲求を殺して我慢していないと

親に捨てられる・家族が壊れる・愛してもらえない

そんな過去の恐怖の感覚を

大人になった今でも持ち続けていることです。

 

 

 

セッションの練習はコミュニケーションの練習であり

人と本音で関わり繋がる練習です。

それはこれまでの人生で怖くて避けてきたことへの挑戦ですね。

練習で人と関わる中で

やっぱり人が怖い

失敗が怖い

こんな場面に何度もぶち当たっては

自分自身の過去の恐怖と向き合いながら

これから先の自分の生き方・人との繋がり方を自分で選び直していくのです。

これは意志を殺し親の支配を受け入れて生きてきた人にとって

本当に本当に簡単にできる事ではないのです。

 

沢山の葛藤と悶絶を繰り返し、沢山の涙を流しながら仲間と一緒に乗り越えてきた5か月間の結果は

しっかりみんなの体感覚に刻まれているはずです。

成果発表会ではみなさんの頑張りと成長と変化に私はまたまた感動しました(´;ω;`)ウゥゥ

 

東京応用6期のみなさん

ご卒業おめでとうございます(^^♪

 

 

 

私は今回初めてアシスタントとして関わらせていただいたこの6期のメンバーは

受講生さん同士が本当に仲が良くてサポートする側の私たちもすごくあったかい気持ちを

沢山感じさせていただきました。

本当にありがとうございました(*^-^*)

 

講座は修了してもここで得た安心感や繋がりは無くなったりしません。

これからも一緒に学び成長いこうね~!

 

 

 

そして最後にご報告になりますが

私、この度リトリーブサイコセラピー協会の推薦セラピスト

に認定していただくことができました!

 

これまで指導して支えてきてくれたカズ姐さんとセラピストの先輩たち

共に頑張ってきた同期の仲間たちが一緒に喜んでくれました( ;∀;)

みんなの温かさを肌で感じ感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

ずっと目指してきた一つの目標を達成することができたことは

少しづつ自分に出来る事を積み上げてきた私の大きな大きな成功体験になりました。

これからもセラピストとしてもっと成長していけるよう精進してまいりますので

今度ともどうぞよろしくお願いいたします!

 

TwitterFacebookフォローしてね☆

 

 

リトリーブサイコセラピー協会の電話カウンセリングおすすめです♪
一人で悩まずお気軽に相談してくださいね
詳細はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Follow me!